医学的アプローチで減量

医者と看護師

失敗しにくい減量方法

今までいろんなダイエットを体験してきたけど効果が一時的であったり、リバウンドしたりと失敗してしまった人は少なくありません。そのような人におすすめなのが肥満(ダイエット)外来のある病院で診てもらうことです。そもそも、なぜ失敗したかというと人それぞれには個人差や肥満の原因がバラバラで、それに合う方法を行わなければ効果が出にくかったり、逆効果の場合もあります。でも、病院の肥満外来では、まず血液検査や問診などを実施して、肥満の原因や受診者の体質などを医学的に診断していくことになります。その診断結果を加味してから、その人にあったダイエット方法を医師が中心になってカリキュラムを組んでいくわけです。そのため、診断結果によって受診者は全然カリキュラムが組まれることも少なくありません。一番ポピュラーなのは栄養管理や運動療法を取り入れることが多いですが、それ以外にも内分泌に影響があるなら内科領域の治療を、胃や小腸に問題がある場合は消化内科領域の治療を施すこともあります。最近では、睡眠時無呼吸症候群と肥満の因果関係が分かったことから、肥満外来と睡眠外来がタッグを組んでいる病院も出てきました。このように、原因を追究して、その結果から医学的アプローチでダイエットを行っていくこととなるため、一般的な方法よりもダイエット効果が高まったり、リバウンドしなかったりと効果的な肥満解消に繋げていけます。もちろん、費用はかかるものの成功する確率が高いため、個人やエステで行うよりもコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

肥満(ダイエット)外来の病院を利用される目的は、大きく健康と美容の2つに分けることができます。健康ではメタボリックシンドロームの改善に主眼が置かれます。メタボリックシンドロームを放置しておくと、動脈硬化が進んで脳卒中や心筋梗塞などの死に至る病気になるケースも少なくありません。それ以外にも毛細血管に血液が巡らなくなって、網膜症・腎臓障害・神経障害などの合併症を招くこともあります。健康を維持するためにも肥満防止を心がける必要があるため、肥満外来でダイエットをするわけです。また、メタボリックシンドロームと診断されると、肥満外来での費用は公的医療保険が適応されるため自己負担額を減らすことができます。一方、美容のために肥満解消しようと病院に訪れる人もいます。特に結婚披露宴や薄着になる夏に合わせたりと、特定の日時までにダイエットしようと考えている人が利用されることが多いです。これはエステや個人でのダイエット方法よりもより確実に効果が見込められるためです。ここで注意しなくてはいけないのが、肥満外来に診断してもらったからと言ってすぐに減量できるわけではありません。効果が表れるのは最低でも数週間、場合によっては数か月かかるケースもあります。そのため、結婚披露宴の数日後に病院に訪れたとしても、医師は困ってしまうでしょう。最低でも目標とする日時の約3か月前には、医師に診断してもらうように心がけることが大切です。ちなみに、美容目的の場合は、費用は全額自己負担となるため注意が必要となります。

体に負担の少ない痩身です

カウンセリング 肥満気味の人は、やせ型や標準体型の人に比べると、生活習慣病に罹るリスクが高まります。美容面や健康面で悪影響が出てしまうので、ダイエット外来の病院に通院をするのもお勧めです。BMI25を超えている場合は、治療が受けられます。

詳しく見る

医療の力で理想体型に

お腹 肥満に悩む人は、病院のダイエット外来がおすすめです。食事や運動の管理をしてくれて、体質改善や生活習慣の改善を行い、健康的に確実に痩せることが出来ます。また美容外科の病院では、脂肪吸引などの治療も受けられます。

詳しく見る

医療の観点から痩せる方法

ダイエットサプリ 肥満に悩む人は、病院でのダイエットを行うと良いでしょう。医療的観点から、その人に合った適切なダイエット方法を提案してくれますし、病気が見つかった場合はその治療も行ってくれます。美容外科では、脂肪吸引などの治療も受けられます。

詳しく見る